• 医療法人柳育会
  • 病院見学
  • 資料請求
  • お問い合わせ

仲間の声~看護師 津城 都~

MEMBER INTERVIEW
看護と介護の協働がより良いケアの第一歩
profile 看護師津城 都 グリーンビュー希望ヶ丘 看護師長
入職/2007年
柳病院から異動していかがでしょうか。
今まで医療の現場で働いてきました。介護の現場に移動した当初は医療と介護の違いに戸惑いがありました。しかし「最期まで、その人らしく生を全うできるように援助を行う」という根本的な部分は同じであり、利用者様一人ひとりとじっくり関わりながら日常生活の援助を行うことができ、医療の現場とはまた違った、やりがいのある現場だと感じています。
管理者としてあなたが取り組みたいことは何ですか。
時代の変化とともに医療・介護は常に変化し続けています。その変化に対応できる、看護職は看護のプロとして、介護職は介護のプロとして、常に自信をもって働くことができるよう人材育成に取り組んでいきたいと思います。そして、一番大事なのは思いやりのある暖かな心を持っているか、ということだと思います。いくら仕事が出来たとしても、心がこもっていなければ、それはただの業務にしかすぎません。「自分自身が介護を受ける本人だったら、あるいは、その家族だったら」と考えることが大切です。「自分の事を本当に一生懸命考えてくれている」と利用者様が、心の底から感じて頂ける看護・介護を提供してこそプロだと思います。そんな、暖かみのある人材を育てていきたいと考えています。「グリーンビュー希望ヶ丘だったら安心して家族を預けられる」「ここに入所してよかった」と思っていただけるように、一人ひとりの利用者様に合わせた心のこもったケアが提供できるよう、これからも努力してまいります。
~看護職、介護職を目指す方たちに一言お願いします~

介護施設では要介護者(高齢者)に「心身ともに自分らしく生き生きとした生活」を送ってもらうことを目的としています。利用者様の人生の一片に寄り添うことがきます。
看護と介護、様々な違いがありますが、どちらもやりがいのある仕事だと思います。利用者様の生活を支えるという点では同じです。今、看護職・介護職を目指している方々に望む事は、患者様・利用者様にとって最善の環境になるように、それぞれの専門的な役割を活かし、共に協働し、「最期まで、その人らしく生を全うできるように」援助を行ってほしいということです。

TOPへ