• 医療法人柳育会
  • 病院見学
  • 資料請求
  • お問い合わせ

仲間の声~介護福祉士 日野富士子~

MEMBER INTERVIEW
利用者さまが在宅生活をこれからも続けられるように!!
~1人ひとりのlifestyleに寄り添った援助を~
profile 介護福祉士
管理者兼サービス提供責任者日野 富士子
新やなぎ在宅支援センター
訪問介護(居宅介護)とはどんな仕事ですか。
要支援・要介護認定になられた方が在宅で自立した生活を送れるように、援助を行う仕事です。大きく分けて「身体介護」・「生活援助」があります。
病院や施設での介護との違いを教えてください。
病院や施設での整った場所とは違い、訪問介護では一人一人今までの生活環境の違いや生活様式を尊重し支援を行っています。訪問介護では、一人一人異なるライフスタイルに合った支援を提供するため、幅広い知識や実践スキルを身に付けることが必要です。
訪問介護(居宅介護)の「魅力・やりがい」をどんな時に感じますか。
在宅で独居の方が多いですが、訪問を心待ちにされ、決められた時間の中で自身の昔の話や相談をたくさんされます。 また入浴支援時、今まで使用されてきた浴槽に入られ「とても気持ちが良かった。唯一の楽しみです。」と笑顔で言われた時はこちらも嬉しくて、とてもやりがいを感じます。
同事業所の多職種スタッフとの関わりや職場の雰囲気はどんな様子ですか
在宅介護支援(ケアマネージャー)・訪問看護リハビリ・訪問介護の三本柱で行っていますが、情報の伝達・連携がしっかりと行われており、訪問時の緊急時の対応も素早い連絡がとれるようになっています。 職員の雰囲気も柔らかく、一人一人が周りに対し、思いやりのある職場だと感じています。
入職を考えている方へ一言メッセージをお願いします

ハローケア訪問介護ステーションは一人一人の個性や長所を生かしながら、利用者さまと向き合い支援を行っています。 相談もすぐにでき、他職種との関わりの中から学ぶ事も多く、職場内の雰囲気はとても良いです。共に頑張っていきましょう。

次の仲間は・・・
安心してがん化学療法を受けられるように支援していきたい
がん化学療法認定看護師
原口文代
Next Interviewee
TOPへ