医療法人柳育会 八女リハビリ病院心と心のふれあいを大切に、地域医療の向上を目指して
外来担当医表|医療法人柳育会・八女リハビリ病院交通アクセス|医療法人柳育会・八女リハビリ病院医療法人柳育会・採用情報医療法人柳育会ホームページ

医療法人柳育会 > 八女リハビリ病院 > 診療部門のご案内 > 薬剤科

薬剤科|診療部門のご案内

薬剤科では、病院の基本方針に沿って患者様に安全で有効な医療を提供できるよう、「医薬品の適正使用」に貢献することを目指して日々努めています。
より質の高い医療を支えるため、チーム医療の中で臨床薬剤業務の充実を図り、調剤、医薬品管理、服薬指導(薬剤管理指導)、医薬品情報の提供などの業務を行っています。
なお平成23年7月から院外処方せん発行を開始しました。

調剤業務

医師の発行した処方せんをもとに薬を取りそろえていきます。服用量、服用方法、相互作用、副作用などの処方内容をチェックし、疑問点は必ず医師に連絡(疑義紹介)したうえで調剤し、その薬を再びチェック(二重監査)を行い、患者様が安心して薬を服用・使用できるよう確認して提供します。また1回の服用でお薬の種類が多い場合などは患者様が服用しやすいように錠剤を一包化して調剤するなどの工夫をしています。

注射薬業務

医師の発行した処方せんを基に、投与内容、投与量、投与方法、相互作用、配合変化などを確認し、注射薬の取りそろえを行います。

医薬品管理業務

採用薬品約600品目について、医薬品の保管や品質の管理(温度・光・湿気・使用期限などのチェック)、医薬品の購入・供給などを行います。また血液を原料とする医薬品、麻薬については、製造番号、使用した患者様の氏名、投与量など管理します。

薬剤管理指導業務

薬剤師は、医師や看護師などと連携をとりながら薬にかかわることすべてに対応できるよう心掛け、持参薬管理を含めて、入院患者様の病歴、薬歴やアレルギーなどの情報を把握して副作用の発現防止・早期発見に努めています。
患者様に薬と服用に対するご理解をいただき、安全に服用していただけるよう、薬の服用方法(使用方法)、効能・効果、副作用、相互作用、服用(使用)上の注意などの情報提供を行っています。また患者様の疑問や希望などについてはその場で医師や看護師その他スタッフに連絡し対応できるよう努めています。

医薬品情報管理業務(DI)

医薬品に関する情報を収集・整理・保管し、医師や看護師などの病院スタッフへ提供します。

学会・研修会・学習会への参加

薬剤師会・医師会主催などの学会・研修会に参加し、また学習会を行い、最新の医学情報や新薬などに対する知識を取り入れ、患者様によりよい治療をうけていただけるよう努力しています。

患者様へのお知らせ

外来患者様へ

原則、「院外処方せん」となっています。そのため患者様には「かかりつけ薬局」をお決めいただくことをお勧めしています。「かかりつけ薬局」を持つことにより複数の医療機関から処方されるお薬の飲み合わせや重複をチェックすることができます。
「院外処方せん」の有効期間は発行日を含め4日間ですので、この間に保険調剤薬局にお持ちください。
後発医薬品(ジェネリック医薬品)をご希望の方は保険調剤薬局にてご相談ください。

入院患者様へ

入院時に持参薬確認を行っております。これは他の医療機関より処方された薬の確認、服薬状況、副作用の出現状況などの確認を行わせていただき、今後の治療に必要な情報を担当の医師、看護師へ提供するために必要な業務となります。患者様におかれましては、入院時にお薬手帳、薬袋、薬剤情報紙など、現在服用中のお薬に関する情報をお持ちいただきますようお願いいたします。

ページの先頭へ