医療法人柳育会 八女リハビリ病院心と心のふれあいを大切に、地域医療の向上を目指して
外来担当医表|医療法人柳育会・八女リハビリ病院交通アクセス|医療法人柳育会・八女リハビリ病院医療法人柳育会・採用情報医療法人柳育会ホームページ

医療法人柳育会 > 八女リハビリ病院 > 活動報告 > 「第44回筑後地区輸液栄養NST研究会」症例発表

活動報告:「第44回筑後地区輸液栄養NST研究会」症例発表

「第44回筑後地区輸液栄養NST研究会」症例発表

カテゴリー:学会発表
日時
平成27年12月03日
場所
久留米大学 筑水会館

演題「高ロイシン配合アミノ酸ゼリーにより栄養状態の改善が見られた脳外リハ患者の一例」について、上記研究会にて報告しました。
リハビリへの耐久性が大きく低下した、高齢の脳外リハ患者に対し、ロイシン高配合アミノ酸を取り入れることで、体重、Alb、筋肉量、筋肉、運動機能、栄養評価の改善が認められました。
リハビリ患者のADLやQOLを最大限高めるためには、リハビリと栄養を切り離して考えることはできません。
リハビリ医療を担う当院の役割を再認識することができました。

報告者
薬剤師 境 銀子
ページの先頭へ