医療法人柳育会 八女リハビリ病院心と心のふれあいを大切に、地域医療の向上を目指して
外来担当医表|医療法人柳育会・八女リハビリ病院交通アクセス|医療法人柳育会・八女リハビリ病院医療法人柳育会・採用情報医療法人柳育会ホームページ

医療法人柳育会 > 八女リハビリ病院 > 活動報告 > 社会が求めるセラピストの役割

活動報告:「第44回筑後地区輸液栄養NST研究会」症例発表

社会が求めるセラピストの役割

カテゴリー:外部講師研究会
日時
平成28年04月21日
場所
八女リハビリ病院 リハビリ室

神代病院の訪問看護ステーション「野いちご」の作業療法士 恒松伴典先生に発表して頂きました。現在の医療・介護情勢や実際の症例を通し、様々な視点から診た先生の広い視野に、考え方を改めることができました。参加者からも多くの高評価を頂きました。


恒松先生

研修会の様子1

研修会の様子2
報告者
理学療法士 佐藤 豪哉
ページの先頭へ