医療法人柳育会 八女リハビリ病院心と心のふれあいを大切に、地域医療の向上を目指して
外来担当医表|医療法人柳育会・八女リハビリ病院交通アクセス|医療法人柳育会・八女リハビリ病院医療法人柳育会・採用情報医療法人柳育会ホームページ

医療法人柳育会 > 八女リハビリ病院 > 活動報告 > 第53回日本リハビリテーション医学会学術集会(京都)

活動報告:第53回日本リハビリテーション医学会学術集会(京都)

第53回日本リハビリテーション医学会学術集会(京都)

カテゴリー:学会発表
日時
平成28年06月09日〜11日

この度、京都で行われた第53回日本リハビリテーション医学会学術集会(京都国際会議場)に参加して『腹部血管損傷と左下腿外傷により阻血性拘縮をおこし、尖足位変形をきたした患者のリハ経験の1例』の演題発表を6月11日(土)に行いました。交通外傷にて下腿に阻血性拘縮をおこし、重度の尖足位変形をきたした結果歩行困難や日常生活に支障を来した患者さんの治療経過の報告を行いました。リハビリテーション単独での介入の難しい症例に対して久留米大学整形外科と協力して機能再建を行うことで、最終的に歩行や日常生活が立位姿勢で可能となり、患者家族も満足度の高い結果でありました。講演後も他大学の先生からの病状や治療経過についてもご質問やご意見を頂き、大変実りある発表であったと思います。当院で行った有意義な治療報告例に関してはこれからも発信していこうと思っております。

報告者
医師  東次郎
ページの先頭へ