医療法人柳育会 柳病院心と心のふれあいを大切に、地域医療の向上を目指して
ご挨拶|医療法人柳育会・柳病院基本理念・基本方針|医療法人柳育会・柳病院患者様の権利|医療法人柳育会・柳病院サイトマップ|医療法人柳育会・柳病院医療法人柳育会 求人情報

医療法人柳育会 > 柳病院 > 柳病院のご案内 > ご挨拶

ご挨拶|柳病院のご案内

院長挨拶

地域に密着した信頼される病院を目指して〜

昭和45年5月、蜩戟iやなぎあずま)会長が国道3号線沿いの八女市吉田の地に外科を中心とした柳病院を開設し、昭和53年には125床に増床し、患者様本位の診療と治療の方針のもと地域医療の一端を担ってまいりました。

柳病院は40周年を迎えた平成21年の10月に、旧病院の南側に新病院を建設し、新築移転いたしました。
平成28年1月から一般病棟44床、障害者病棟42床、療養病棟21床、地域包括病床28床、合計135床の構成ですが、各病棟に観察室を備え、出来る限り個室を多くしましたので、皆様の様々なニーズに対応できるのではないかと考えております。

外来部門ではオープン型MRI、64列CTなどの先進の医療機器を導入し、今まで行ってきた医療はもとより、内視鏡検査や内視鏡治療を中心とした専門性の高い医療を行ってまいります。

これから益々高齢社会が進みます。八女地区は高齢者世帯、独居世帯が特に多い地域ですので、病診連携、病病連携を強化し、予防医学、在宅医療の充実を図りながら、今まで以上に地域に密着した信頼される病院を目指したいと思っております。

柳病院院長 浦口 憲一郎 写真
柳病院院長 浦口 憲一郎

特別顧問挨拶

特別顧問 薬師寺 道明 写真
特別顧問 薬師寺 道明

「現在も万能薬として知られるアスピリンは、柳の木からうまれたという。柳育会の“柳”も、この史実に応えられるように努力し、地域医療に貢献する組織として育ってほしいと願っています。」

略歴

1964年3月
久留米大学 大学院卒 医学博士
1987年5月
スイス バーゼル大学 客員教授
1988年4月
久留米大学教授 産婦人科学講座主任
1995年4月
久留米大学病院長
1999年4月
学校法人 久留米大学顧問
筑後市立病院長
2004年1月
久留米大学学長
2012年1月
久留米大学名誉学長
中国遼寧省何氏学院名誉総長
地方独立行政法人 筑後市立病院名誉院長
2015年4月
医療法人柳育会 特別顧問
2016年4月
古賀国際看護学院院長
 
ページの先頭へ