医療法人柳育会 > 柳病院 > 内視鏡センターについて

内視鏡センターについて|柳病院のご案内

内視鏡センターでは主に胃や大腸の検査から診断・治療までを消化器病専門医が診療にあたっています。
胃がんや大腸がんの二次検査(精密検査)にも対応しています。

内視鏡とは

イメージ:

内視鏡とは、お腹を切開することなく、胃や大腸の中の様子をカメラにて撮影し、テレビモニターで病巣を確認することができる技術です。
当院では、この内視鏡を駆使し胃がん・大腸がんの二次検査から、病状によっては手術まで対応しております。

内視鏡センターの検査実績

当院内視鏡センターでは、年間約1500例程度の実績があります。(1863件/2017年度実績)
内視鏡検査は予約制となり、優先的に行いますが、症状により絶食でお越し頂きますと、当日の検査も柔軟に対応させて頂きます。
当院は、日本胆道学会指導医のもと、胃カメラ・大腸カメラの検査はもちろん、胃や大腸のポリープを切除したり、胃瘻造設術や高度な技術が求められる胆道・膵管の検査や処置も行っています。お気軽にご相談ください。

二次検査(精密検査)のご予約について

健康診断などの結果で2次検査(精密検査)が必要な場合、まずはお電話にてご予約をお願いたします。

2次検査(精密検査)ご予約
電話(0943)23-2176
(お電話受付時間:平日13:00〜17:00)

内視鏡手術とは

イメージ:

従来はお腹や胸を大きく切開して手術をしていたところを、小さな穴(直径2o〜10o)をお腹等に数箇所開け、CCDカメラと小さなマジックハンドの様な器械を挿入し、お腹(胸部)の中で手術・治療を行います。
※手術は診療部門の手術室がご対応させていただきます。

イメージ: メリット
傷が小さいため
 術後の痛みが少ない
 傷跡が小さく目立たない
 回復期間が短い
 お腹の中の癒着が少ない
イメージ: デメリット
手術中十分な視野が確保しづらく、必要により手術中に開胸・開腹手術に変更する場合がある。
ページの先頭へ
柳病院 0943-23-2179