医療法人柳育会 柳病院心と心のふれあいを大切に、地域医療の向上を目指して
ご挨拶|医療法人柳育会・柳病院基本理念・基本方針|医療法人柳育会・柳病院患者様の権利|医療法人柳育会・柳病院サイトマップ|医療法人柳育会・柳病院医療法人柳育会 求人情報

医療法人柳育会 > 柳病院 > 診療部門のご案内 > 薬剤科

薬剤科|診療部門のご案内

概要

薬剤科スタッフ

現在、薬剤科は5名の薬剤師と1名の薬剤助手で業務を行っています。
「地域社会に貢献できる質の高い医療を目指し、日々研鑽を重ねる」という基本理念のもと、地域に密着した医療の提供を心掛けています。
医師、看護師、その他の医療スタッフとともに医療チームの一員として、安全かつ効率的な薬物療法の提供を行えるよう務めていきます。

業務内容

調剤業務

電子カルテ・オーダリングシステムを導入し、外来・入院・関連施設の調剤を行っています。原則院外への処方箋発行は行っていません。
用法・用量、副作用、相互作用などを専用のシステムで管理し、処方箋にも投与される薬剤に関連した検査値が表記され、調剤者、監査者によるチェックをしており、より安全で正確な調剤を行っています。外来通院される方へ薬剤を正しく使用して頂くために「おくすりの説明書」を作成し、薬剤の効能・効果、用法・用量、使用中の注意事項などの説明を行っています。他院で処方されている薬剤は実際に持参された薬剤や「お薬手帳」、「薬剤情報提供用紙」にて確認しています。

注射薬調剤業務

電子カルテ・オーダリングシステムを導入し、処方箋に基づき、用法・用量、投与速度、経路、併用薬をチェックした後1日分ずつ個人別に取り揃えます。その中で、中心静脈から投与される注射薬は無菌調剤室のクリーンベンチを、化学療法時に使用される抗がん剤は安全キャビネットを使用し調製するなど、感染・汚染等の防止に細心の注意を払っています。

病棟業務

入院治療される方へ服薬指導を行っています。担当薬剤師は、入院患者さんの部屋にうかがい、薬剤を正しく使用していただくために「おくすりの説明書」を作成し、薬剤の効能・効果、用法・用量、使用中の注意事項などの説明を行っています。入院時に持参された薬剤は全て確認しています。また、退院後に自宅でも薬剤を正しく使用して頂けるよう支援していきます。
カンファレンスに参加し、医療スタッフへ必要な医薬品情報を提供しています。

医薬品情報業務

薬剤の情報を収集し、医療スタッフへ必要な時に、必要な情報を、必要な形式で提供するよう努めています。また、院内での勉強会も随時開催し、薬剤知識の向上に努めています。

ページの先頭へ